インプラント治療では骨移植でも様々な方法があるので選択が必要

HOME>トピックス>色々な施術方法からベストプランを選択する

骨を利用した施術方法

インプラント

骨移植をインプラントで行う時には、2種類の方法があります。最初に顎の骨に該当する、歯槽骨に対する骨移植を行う方法があります。骨移植をする際に垂直もしくは水平に見て不足している時に行われますが、ベニアグラフトやオンレーグラフトはブロック上の骨を使います。また骨の量を増やす際にJグラフトや細片骨移植といった方法があり、選択肢は非常に多くなっています。インプラントでは事前のカウンセリングによってレントゲンを撮影していき、細かく骨の状態をチェックしてから方針を決めます。医師と相談しながら、具体的な移植方法を判断するようにしましょう。

上顎洞底測の骨に対する移植方法

次に上顎洞底測に対する骨移植をみていくと、主に2つの方法がありますのでインプラントを検討する際に勉強しておきましょう。まず上顎の後ろ側にある空洞をフォローするためにサイナスリフトという方法がありますが、骨の高さを調整する時に活用します。骨移植によって高さを増やして、治療を進めていきます。もう一つがソケットリフトですが、これは上顎の頂上にある歯肉を手術で最初に切開していきます。そして穴を少しあけた後で、骨が少し残る状態まで徐々に穴を深くします。残った骨は膜と一緒に持ち上げて、移植用の細かく砕いた骨などを詰めて底上げしインプラントを埋めていきます。

広告募集中